演出照明で面白い?〜Lighting Craftブログ〜

イベントなんかの演出照明プラン、レーザー演出、 常設照明システムのプログラム、 それらに関する機材の販売なんかやってます。

Beyond VS Fiesta!

Fiesta for MAC

Moncha BOX 2、
オプションで将来Fiesta のMAC版が使えるようになると言ってました。


何のことは無い。
すでにFiesta for MAC、1年ライセンス買えるじゃないですか。

Fiesta for MAC

しかし、1年ライセンスって結構ジャマくさい。
中には1年に1回ある時期にしか使わない人も居るし、
使おうと思って出してきたら、ライセンス切れてて使いたいときに使えないとか、、。

クラブなどで毎日の様に使ってる方には、1年ライセンスでも良いかもしれませんが、、。

Moncha BOX 2はこちらm20


Fiesta for MAC(略して、F4Mと言うようです)、少しだけさわってみましたが、
Windows版とはかなり異なっています。
すでにFiestaでは無いような、、??
別の名前付けたほうが良かったのでは?と思います。

新しいシーンの作成は、PANGOLIN社のBeyondのタイムラインの作り方に似てるように思いました。

あとライブでのフェードチェンジ、なんでモーフィング (morphing) 無くすかの??
それしか使ってないのに、、。

まあ、もう少し試してみます。


もしFiesta for MAC、試して見たい方は、
こちらよりMoncha BOX2を注文いただき
通信欄でその旨をご連絡下さい。

Fiesta レーザーILDAコントロールソフトウエア

Moncha BOX 2 購入で
無料でFiesta ソフトウエアが使えるようになりました。

Fiesta


Moncha BOX 2 詳しくはこちら。
m20


Fiestaソフトウエアはこちら。

何度か同じ事を書いてると思いますが、
音を聞きながら、またはステージの状況を見ながらシーンをライブで実行する操作は、
Fiestaでやるのが絶対に良いです。
特にレーザー2台以上使う場合は。


そして音もリンクして一緒に走るレーザーショーや
スクリーンにグラフィックなどを照射する演出はBeyondです。

Beyondはこちらご覧下さい。




これは実際に操作して違いを見せた方は、すぐに納得しいただけます。


Fiestaに関しましては、シーンの作りやすさ、
複数個の模様をひとつのシーンに入れている場合、
どの機具からどの模様を照射するか?とかすぐに変更できます。

たとえば、丸、三角、四角など模様を個複数個
ひとつのシーンに入れているとして、
1号機から丸を照射、2号機三角を照射、3号機から四角を照射してるとします。
Fi1


それを1号機から四角を照射、2号機から丸を照射、3号機から三角に変更するには、
それぞれsubeffectのUSE VDのチェックを変えるだけです。
fi2


また複数個の違う動きの模様をすべて1号機からの照射にするにも、
チェックを変えるだけです。

Beyondでひとつのシーンで複数の機具から別の模様を照射しようとすると
いったんショーにしないとダメなのでは無いでしょうか?
そして照射してる機具と模様を入れ替えるのは、ショーの編集まで戻らないといけないです。
さらにその模様の動きを変えようとすると、さらにめんどくさい事になります。


参考にこちらご覧下さい。


ライブ現場へは、Fiestaがオススメの理由のひとつ、
ブランキング設定のやりやすさが有ります。


ブランキングとは、見ている人の方に向けてレーザー光線を照射する場合、
お客さんや他のオペレーターの人の目に、また監視カメラなどにも
レーザービームが当たらないように設定することです。


それをソフト上で設定します。

こちらは以前にも書いております。
round 001
四角のエリアがレーザー照射範囲、黒い部分がブランキングされた部分です。
この時は客席1階分(オペレートブース含む)、2階席、ピンルーム、そして会場のカメラ計4台。
画像右のAreaはそのそれぞれの部分です。

Pangolin社QuickShow、Beyondでは、
あるブランキングされた部分一度決定して別のエリアの作業を始めると、
前のエリアは編集できなくなるのです。
ですのでその部分を一度白に塗りつぶし、再度書き直さないといけないのです。
これは細かく設定が必要なライブ会場では時間がかかって仕方ありません。



おそらく多くの販売店では、何らかのしがらみがある、
または実際に多くの現場でFiesta、Beyond両方を使ったことが無い、
などがあり、オススメに関しては偏りがあると思います。

たいてい、Pangolin社のモノをオススメしてくるのでは無いでしょうか?

そのようなモノが無い当店としては、
ライブ操作にはFiesta、完全パッケージショーグラフィックショーにはBeyond、
そして、自分であれこれ作ることは無い、とりあえずプリセットでイロイロ、
と言うのでしたら、QuickShowオススメです。


QuickShowはこちらご覧下さい。


ですので、あれこれされる業者さんとかは、
Fiesta,Beyond両方を所有されるのがベストかと。



当店では、どのような使い方をされるのか?をお伺いして、
最適と思われるものをオススメします。

レーザーコントローラー購入ご検討中の方は、
一度お問合せ下さい。




そして、そのライブ操作でのオススメレーザーライトコントロールソフト、
Fiestaを現状最安値で使えるMoncha BOX 2、超オススメです。


Moncha BOX 2は、近い将来リリースされるFiesta for MACがオプションで使えます。



参考、

Fiestaを使った現場
ライブコンサートにてレーザー演出
ダンスイベントでレーザー演出
小型ライブハウスにて照明&レーザー演出
ヘアーショーにてレーザー演出
 
動画


こちらは画像を組み合わせて後から音をのせています。



Beyondを使った現場
大学祭でレーザーショー(グラフィック演出)
カウントダウンでマッピングと共演、レーザー演出
レーザーグラフィック演出 サンプル

動画


音楽は同期しております。
レーザーシーンの並び、フェード、カットチェンジの具合は完全にプログラムされております。
ですので、何度もやり直しながら、細かい変化なども設定可能です。









レーザーコントローラー、ILDAソフトとディバイス

レーザービーム製品をコントロールする
ILDAソフトとディバイスについてまとめてみました。
購入の際の参考にしてください。


PangShowt

とりあえず当方で取り扱ってます、Pangolin社とShowtacle社についてです。

本文はこちら。


レーザーコントローラーは、最近の記事にありますように、
完全パッケージショー、文字出しやグラフィックショーには

Beyond(又はQuickShow)

ライブ操作でのビームショー(光の線だし)には、
Fiesta

をオススメしております。



それぞれの理由は、下記の記事をご覧下さい。

Beyondについてはこちら

Fiestaについてはこちら



それらソフトウエアとディバイスの関係について記事にしております。
こちらご覧下さい。



あとレーザーをコントロールする際、
DMXでやる場合とILDAでやる場合の違いは
こちら。

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta!

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta!
タイムライン、ショーの作成についてです。


続きを読む

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta!

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta!
プリセットパターンについてです。
続きを読む

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta! 

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta!
メイン画面についてです。



続きを読む

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta! 

次に、ブランキングを除くディバイス設定について。


続きを読む

ILDAレーザーソフト Beyond VS Fiesta! 

お持たせいたしました。
以前から予告しておきながら、なかなか手を付けなかった
ILDAレーザーソフト、Beyond Fiesta!の比較を書いて行きたいと思います。

まずは、この2つの紹介から、

QuickShowは2010年に、おそらく当店が初めて日本に紹介した、
非常に使いやすく低価格なレーザーソフトです。
徹底的に宣伝したおかげで、当店でも現在までに70本程度出荷されており
国内では最も認知され、多く使われてるレーザーソフトとなっております。
by0
Beyond は、QuickShowを元に、はるかに進化した機能を搭載し、
初心者向けのQuickShowとは違い、
中級者〜プロフェッショナルな現場に対応できるレーザーコントローラーとしておススメな商品です。


clip_1
Fiesta!は、2005年にKVANT社からリリースされ、それと同時に当店に入荷、
世界初出荷が、当店であったという(誰も興味ない??)逸話 がございます、、。
おそらく、このような誰にでも使いやすいレーザーソフトとしては、世界初であったと思われます。
それからさらに進化し、現在のスタイルとなっておりますが、
QuickShowは、Fiesta!を意識して作られたのでは無いか?
と思われるほど、今では当たり前なこのスタイルは画期的であったと思われます。
こちらも、当店でがんばって宣伝したおかげで、国内での認知は高いです。
プロユースな製品であるのは、Beyond同様です。


Beyond VS Fiesta!
とりあえず、第_鵑噺世Δ海箸任垢、第何回まで続くのか?
いつまでかかって書き終えるのか?
全然想像つきません。

また、勝手に思ったまま、自分のわかってる範囲で書きますので、間違ってるかもしれません。
実際のところは、デモ版を入手するなど、ご自分で確認してみてください。



とりあえず、まずは設定に関してです。

お客さんにレーザービームを向けて演出する
ビームショーを行うときに必要なのがブランキング設定です。
お客さんの目に直接レーザーを当てないように設定します。


続きは、この下をクリック!!


続きを読む
Profile

Lighting Craft

Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
  • ライブドアブログ