演出照明で面白い?〜Lighting Craftブログ〜

イベントなんかの演出照明プラン、レーザー演出、 常設照明システムのプログラム、 それらに関する機材の販売なんかやってます。

SUNLITE

Sunlite Suite 3

Sunlite Suite 3、昨年10月頃にBeta版が出ました。
その時、試してみましたが、うちのディバイス(FC SIUDI 7A ?)では認識せず、
USBもイーサーも行けるディバイスでないと使えないのか?と思いました。
しかしその後FC SIUDI 7Bを入手しましたがやはり認識せず。

その後Sunlite Suite 3はどうなってるのか?と思い調べてみると、
サイトはNICOLAUDIEさんのサイトからは独立。

新たに、sunlitepro.comと言うのが出来ていました。suite3


ソフトウエアは相変わらずBeta版。

そしてもっと見てみると、対応ディバイスは、
新しいタイプのBC(ベーシック)と昔から有るSIUDI 7タイプのEC(エコノミー)のみ。

うちの使用するFC(ファーストクラス)は使用不可。

要するに、一番高いディバイスが、何故か?使えないという、、。
suite 32



うう、、なんで??

ちなみに、SIUDI 7はこれで、ECもFCも同じBOXです。
06061



NICOLAUDIEグループ、ソフトウエアやディバイスやファームウエアや、、
いろいろ有りすぎて複雑になってきています。
自分の使うパターンのモノを決めて使用しないと、ワケわからないです、、。



SUNLITEスタンドアローン軽量化計画

こちらの記事で、
SUNLITEのスタンドアローンボックスを持って、
トラックの外で本番やりましたが、
信号線と電源ケーブルで結構こんがらがる感じでした。


で、電源を9Vの電池ボックスでやってみました。
SUN STANDALONE
全然問題なかったです。

ムービングライトを一定パターンで、
4時間ぐらい走らせてましたが、大丈夫でした。

あと電池ボックスは、スタンドアローンボックスの裏に貼り付けましょうか?


が、これを使おうとしていた今月末の現場、
キャンセル来ました、、。

また次回の機会で。


SUNLITEで、、??

昼間の野外で、照明演出でした。
re6

こんな感じの場所で。
re2
お祭り広場で、お祭りみたいなごった煮イベント。
re5



いつものようにバックは、LEDパーを並べプランですが、
ステージ後ろのパネル、端の方はナナメにギザギザに切った感じなので、
それに合わせて照明つけてって事です。

しかし、そこだけ2台ずつぐらいナナメに吊るってのも変ですし、
バータイプを2本づつ縦吊り、すこし段違いにつけてみました。
re1
このLEDバーは、電飾みたいにテケテケ光る
マクロがあるので、やってみたら、まあまあ良い感じでした。
まあ、電飾屋っぽかったですが。

それはそうと、仕込み日があって、
仕込み終了後にSUNLITEのデーター保存しようとしたのですが
何やらエラーします。

SUNLITEは、バグでソフトが強制終了したとしても、
その2つぐらい前の作業分ぐらいは保存されてますので、強制再起動。
再起動後は、バグっぽいのは無かったのですが、
念のために予備PCも用意しときました。

re3
本番と平行して予備PCの同じデーターさわったりしてたのですが、発見しました。

SUNLITE suite1で、ページの名前に日本語を入れると、
ショーとして保存するのは、ダメなようです。
保存は出来るかもしれませんが、読み込みは出来なくなってます。

また、画面の並びなどを保存するFavoritesと言う機能がありますが、
これも保存は出来ますが、読み込みできません。

ページのアーカイブ形式で保存すると、読み込みは可能でした。

ページ名に日本語が入ったらダメなのか?
英語と日本語が混じるとダメなのか?
日本語だけで保存すると大丈夫なのか?
わからないです。

と言うわけで、SUNLITE suite1をお使いの方は、ご注意ください。
もしかすると、suite2でもそうかも知れないです。

SUNLITEネタ

今回は、画像は無しです。

とあるSUNLITEを使ってる設備の方から連絡が入りました。
SUNLITEのディバイスを読んでいないようです。


電話で操作してもらい、USBをつなぎ直してもダメ、
toolsを立ち上げてみてもらっても、?マーク、
ドライバーを捨てて再インストール、と思いましたが、
ディバイスマネージャーにリストが出ていないようです。

仕方が無いので、見に行ってみました。
見に行くまでの間に、以前、雷やその他の電気ショックで、
SUNLITEのディバイスのICがダメになる?みたいなのを聞いたことがあり、
その時用にICを買っていたのを思いだしました。
現場に行く前に探したのですが、そのICも使うことがなかったので、見当たらなくなってました。

とりあえず現場に行くと、他のUSBポートにつなぐと行けたということです。
そして、元のUSBポートにマウスをつないでみても反応しませんでした。

どうやら、そのポートが死んだようです。

その日の午前中に近くで雷が落ち、映像機器なんかもNGになったようです。
同じく、雷ショックでUSBポートがダメになったのでしょうか??
しかし、USBがダメになってくれたおかげで、
SUNLITEディバイスまでショックが行かなかったのかもしれません、、。

雷に注意しましょう、、。

SUNLITEネタ

以前の記事、SUNLITEネタでご紹介したワザですが、
便利な使い方がありました。


とある設備でご使用の方から相談がありました。
ムービングのランプオン/オフの件です。

実は、SUNLITEでのムービングのランプオン/オフ、もちろん出来るのですが、
そのためのスイッチが、で〜んと真ん中の方に出来てしまいます。
すごい隅っことかに出来てくれたらいいのですが、、。
これでは、本番中押してしまうことも有ると思います。

で、設備で使用してる場合、なるべく操作を簡素に、といわれますので、
ランプオン/オフは無視して、電源のオン/オフでやってもらうことが多いのです。

自分で使ってる場合は、間違えて押してしまっても大丈夫なように、
それらのスイッチを押しても、0.1秒で戻るように設定しています。
そして必要なときに、それを解除、そしてまた0.1秒に設定しています。

もちろんジャマくさいです。
これを店舗設備で設定して毎日やるのか?というと
そのうちやらなくなるでしょう。
と言うわけで、通常は設定しません。


しかし、SUNLITEネタの方法で、それほど手間なく出来るのに気づきました。

ge1
ランプON/OFFだけをするためのページを作成。
通常使うページは隠しておき、DMX OUTも切っています。


ge2
ランプ操作後、通常ページに切り替えます。

ge3
通常のライブページへと切り替わります。
切り替えに要する時間は、ほんの1〜2秒。
もちろん、ランプ操作ページのDMX OUTは切っています。


って、感じで使うのはどうですか??

しかし残念ながら、ホストクラブさんでは、これもやらないでしょう。
なんせ、閉店時には酔っ払ってますからね、、。

このように、SUNLITE Suite1の方になりますが、設定等たまわります。
 ご希望の方は、こちらまで。

SUNLITEネタ

うちの方で初めて買ったSUNLITEのディバイスは、こちら。
SUNディバイス
SUNLITE2002 でした。
当時イタリア、リミニで行われていた展示会、SIBにて即売で購入しました。
その後、2004年に、新しい形のディバイスとなり、
このディバイスでは、新しいソフトは使えなくなりましたが、
フランスのメーカーに送り、SUNLITE2004対応にしてもらいました。

その後2006年には、さらに新しいディバイスとなり、
2006年の4月以降のソフトウエアでは、使えなくなりました、、。

しかし、この形状やUSBケーブルがつながってるのなどが使いやすく、
超小型PCとセットで、テスター的に使っていました。


そんなある日、間違えてこのディバイスで
最新のSUNLITE SUITEを立ち上げて使用していたのです、、。
で、あとから間違えていたのに気づいたのですが、このディバイス、新しいSUNLITEで使えるのです。
結構今のSUNLITE、ディバイスとソフトウエアのバージョンやファームウエアが違うと
まったく動かなかったり、ソフト自体立ち上がらなかったりするのですが、
この古いディバイス、その辺まったく関係なく動作いたします。


って事で、このディバイスとSUNLITE SUITEを入れた古いPCとセットで、
レンタル用にしてます。




上記しています通り、今はソフトのバージョンとディバイスとのマッチングがないと、まったく動きません。
で、年単位に違うとかならまだしも、ほんの3ヶ月違うだけで、
ファームウエアがどうのこうの、、って言われて立ち上がらないのです。
で、そのソフトをインストールしたときのtoolsで、
ファームウエアはアップデートすることが出来るのです。


が、その新しいソフトがイマイチで、前のに戻したいって思って、
古いバージョンをインストールしたら、今度はディバイスの方が新しいので、
新しいソフトを入手してくださいって出るのです。
で、やはりインストールしたときのtoolsで、ファームウエアは書き換えられるのですが、
それをやっても、動かなかったりとか。
で、やっぱり新しいのにしようとしても、やっぱり動かなかったりとか、
このパターンの地獄にハマると、何時間も作業して無いとダメになります。


SUNLITEのサイトでダウンロード出来るのは、常に新しいバージョンのみです。
実は、何年何月何日のバージョンが一番安定してるなんてのもあるのですが、
そのインストーラーが無いと、インストール出来ないのです。
そんなことも有り、うちの方では、めちゃ古いバージョンも含め、
いろんな時期のバージョンのソフトを所有しています。


SUNLITEをお使いの方は、その辺良くわからなく、周りに詳しい人がいないのであれば、
むやみに新しいバージョンをダウンロードして、入れないほうがいいかもしれません、、。



SUNLITEネタ

今月、店舗などの照明設備変えや新規機材納品などで
SUNLITEのプログラムをすることが多かったです。
うちでは、まだSUNLITE suite2 ではなく、SUNLITE suiteを使ってます。


そんな中で、便利な使い方を発見しました。
と言っても、ほとんどの人は使う必要ないかもしれないのですが、、。



某専門学校のホールへ、LEDパー12台納品させていただきました。
そして操作用にSUNLITEも。

で、プランとして、勝手にフロント4台、サス8台としてSUNLITEのデーターを作成。
つまり、フロントとサスとを別ページで作り、個々に操作できるようにしました。

しかし学校側で別プランを立て、吊り変えて台数の割り当てなど変える可能性も有ります。

それで、12台で一つのページというデーターも作りました。
しかしその二つのデーターを入れ替えるのに、
初心者の方が操作するには、なるべく簡単に出来なくてはなりません。


で、もしかしてメニューのController-Favoritesが使えるか?
と思いやってみました。



Favoritesは、画面の並びや状態を記憶して、瞬時に変更できる便利な機能です。
windowのロックをする機能は別でありますが、SUNLITEを使っておられる方から、
画面が辺になったとか、画面が真っ白なんですとか、言ってくるときがあります。
その時に、あらかじめFavoritesを設定しておけば、すぐに元に戻すことが出来ます。


今回は、ページの並び、表示するかどうか?の他にDMXの出力を止める機能も設定し、
二つのFavorites、「FRONT-SUS」と言うのと、「ALL」 とを作りました。


SUNLITE1
FRONT-SUSのページ

SUNLITE2
Favoritesで、ALLを選択

SUNLITE3
一瞬で切り替わりました。
ホント、1〜2秒で切り替わります。


もちろん、表示していない方のDMX OUTは出力されていません。
これが、出力していると、シーンは正確に再生されず、エライ事になるのです。



このやり方、全然違うタイプのFixtureを使った複数ページでも切り替え可能です。
ですので1台のPCで、いくつかのパターンでのプログラムを複数回使用する間で、
別プログラムを使いたいって場合、データーの入れ替えをせずに、
一瞬で元のデーターに戻すことが出来ます。


そのような機会があれば、使ってみてはいかがでしょうか??

キャバクラ照明プログラム

6f372a94.jpg昨日の続きです。

キャバクラを改装して、
ディスコ風な照明にしたいって事です。

機材は、某有名低価格販売店で購入。
取り付けは、電気屋さんかどこかにやってもらい、
プログラムだけやってよ〜って事で行ってまいりました。

ただし、こちらもコントローラーだけは、
指定させてよってお願いし、
SUNLITEは、納品させていただきました。

まあ、一番安上がりなパターンでしょう。
出来は、うちで一からプランするほうが、
5倍ぐらいいいと思いますが、、。


機材は、250Wのムービングヘッド4台、
250Wのミラースキャン4台、
LHQっぽいLED12台、
マーチンのディスコ照明2台、
ミニパーが、20台くらい、
レーザーが2台、
あとスモーク
って感じですかね。

以前のホストクラブ同様、
プレイバックは、MIDIキーボードで、
簡単にしております。

かなり派手な感じになってますが、
まだ足りんって言っておられて、
まだ追加するそうです。
だったら、うちのレーザー買ってください〜〜。
レーザーは、うちブランドの方が、20倍ぐらいいい感じですよ。

SUNLITEのワイヤレス化

今月も、2月同様程度の仕事量です。
現場は後半のみなので、今はのんびりかって言うと、
そうでもないです。

確定申告のために準備中ですが、
こまごました用事がバンバン入ってきて、全然進まないです。
なんとか、日曜にまでには、計算終わりにしたいです。


ところで、こないだのブラックチャンバーでのパーティーで、
SUNLITEのワイヤレス化をしたくて、前日に実験していたのですが、
結局うまくいかず、あきらめていました。

で、月末に同じシリーズのパーティーで、
今回は、ブラックチャンバー、ホワイトチャンバー、パルティッタ
と3会場やることになりそうです。
ブラックチャンバー、ホワイトチャンバーは前回と同じで行くと思いますが、
パルティッタは、会場にDMXケーブル這わせるのいややな〜って事で
(客にケーブル踏まれる)
さらに、ワイヤレス実験を繰り返しました。

すると意外な事に2006の昨年10月20日バージョンはダメで、
現在出ているSunlite Suiteのベータ版では、うまくいけました。
なんで、普通版ダメで、ベータ版で行けるねんって事ですが、
とりあえず、パルティッタはこれで行きます。

SUNLITEのワイヤレスってどうするの?って方は、直接メールなどください。
うちの本家HPよりメール送れます。

SUNLITEの裏技

SUNLITEで、1〜2年前に偶然見つけた技です。

SUNLITE2004の後期バージョン以降で、
エディットモード時、コピーが単純コピー以外も
出来るようになっています。

オールやグループに対して出来るようになっていたりとか。
一番使えるのが、他のムービング卓で言うところの、
エフェクトのオフセット機能に近いもので、
フェーズってやつです。

たとえば、横一列にムービングライトを並べた場合、
ある1台でYで前後する動きを作り、
それをオールにコピーすると、全部の器具が並んで前後しますが、
フェーズを利用することにより、微妙に間隔をずらす事が出来
いわゆる、ウエーブ状が作れたりします。

で、こいつはエディットモードに入っての作業となるので、
動きは、一旦止まってしまいます。

これを、動きを止めないで、
たとえば、本番中にライブでやりたいとかの場合、
次のようにします。

イージータイムエディターで作った、動きのあるパターンを実行。
Ctrl+Shiftを押したまま、そのパターンのボタンをクリック、
Phasing windowって現れます。
Easy time referenceってのが、元になる器具の指定です。
Fixtures listは、グループでやりたい場合の指定です。 
下のフェーダーで、ずれる度合いを指定します。
フェーダーの真ん中25/25secで、いわゆるオフセット、ゼロだと思います。
で、プラス方向、マイナス方向に指定できます。
フェーダーをセットしたら、下のTest Phaseをクリック、
これで、指定のオフセットで、実行してるはずです。

多分、本番中でも、動きを止めることなく出来ると思います。
これであと、ライブには出さず、3D画面で確認してから、
実行って出来たら、良さそうです。

SUNLITEでの技?

SUNLITEの使用法で、少し特殊なケースでの方法です。

本日、質問がありましたので、
一応、こちらで紹介しときます。

ムービングライトとかのディマーチャンネルは、
通常、ゼロで消えていて、
フェーダーを上げていくと、だんだん明るくなって、
フルで、一番明るい状態になりますよね。

ところが、たまに逆のフィクスチャーがあるんですよ。
ゼロで一番明るく、フルで消えちゃうヤツ。

そのままでいいわ〜ちゅう人はいいですが、
なんとか、普通にゼロで消えていて欲しいって場合、
そのフィクスチャーのpage settingsで変えられます。

page settingsのchannels、
で、左の画面のフィクスチャー、
ディマーチャンネルを選択してください。
そうすると、右画面の下channel patchにそのchの数字が出ます。
で、=のあとにそのままchと同じ数字を入れ、
そのあと、/を入れます。
そうすると、そのchの最低値と最高値を指定できます。
その最低値と最高値を、逆に入れればいいのです。
この数値は、DMXの値ではなく、%で入れるので、
そのまま0%と100%を逆転させたい場合、
/100/0と入れます。

たとえば、ディマーチャンネルが1の場合、
1=1/100/0
って感じです。

この作業は、すべてのフィクスチャーでやる必要があります。
器具が10台なら、10台分のディマーchで、やらなければなりません。

数値の逆転は、当然、ディマーチャンネルだけでなく
すべてのパラメーターで可能です。
また、
1=1/95/0
ってすると、最大でも100%にはならない事になります。
ハロゲンの器具なんかの場合、ランプの寿命を稼ぐのに使えますね。

SUNLITEのベータ版

2cfd226f.bmpうちで使ってる、DMX照明ソフトのSUNLITEが、
新しい機能を搭載して、バージョンアップした。
ただし、まだベータ版です。

新機能は、エフェクトマネージャーってヤツです。
エフェクトは、とあるパラメーターに、
サイン波やコサイン波などの、カーブを選択して
数値を自動で変化させるものです。
個人的には、SUNLITEに加えて欲しかった
機能の一つです。

最近のほとんどの、ムービングライト卓や、
ソフトウエアは、エフェクトが入っています。

今までのSUNLITEでは、少し違った考え方で、
自動で、ムービングライトのサークルやトライアングル
なんて動きを作れますが、あくまでもステップ
って考え方で、他の卓のエフェクトよりかは、
レベルの落ちるものでした。

今回、残念なのは、
普通は、ムービングライトのポジションを作って、
そこにエフェクトをアサインすると、
そのポジションを中心に、動きを作るのですが、
SUNLITEのは、最初に登録したエフェクトの
ポジションも含めて、動きを作る点です。

通常は、サークルってエフェクトだけを作っておいて、
そのあと作ったポジションに対して動いてくれれば、
客席ポジションでサークルするのも、
センターボーカルポジションでサークルするのも、
作る手間が、すごい省けるので、
そういうシステムになってます。

それと、実行する際には、
最終的に、やはりステップに変換して、
になるようです。

やはり根本の考え方は、普通の照明コンソールとは
かなり違いますね〜。

SUNLITEのフォーラムでは、
バグの報告やら、追加機能の注文を書き込むと、
結構対応してくれます。
まあ、このあたりも、注文出したいです。

まあどっちにしても、クラブ照明には、
結構いいと思いますけどね〜。
Profile

Lighting Craft

Archives
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ