Moncha BOX 2 (モンチャボックス2)が登場しました。
m20
Monchaソフトウエアで作ったレーザーパターンをSDカードに記憶
そのパターンをPC無しで再生できる、
またはDMXで呼び出し出来るディバイスMoncha BOX。
そのMoncha BOXはメーカーで製造終了となりましたが、
後継
Moncha BOX 2が登場!

メインのソフトウエアはMoncha5
m21
ライブでMonchaのパターンを再生するのもOK

作ったパターンをSDカードに保存、PC無しで自動再生や
DMXにて呼び出しも簡単です。


そして今回驚く事に、アップグレード無しでFiestaソフトウエアが使えるのです。
m2f
ソフトウエアから直接ライブで操作する場合、
Monchaはシーン間のフェードチェンジ出来ないのが致命傷だと感じていました。

そうすると、たとえばこの動画の様に1本のビームがゆっくり2本になり、
それが広がり、さらにカラフルになりながらウエーヴすると言うパターンが出来ないのです。

レーザーをライブ操作をする場合、結構効果的な演出の一つでは無いでしょうか??
このような演出、Fiestaではすぐに作れて実行可能なのです。

詳しくはこちらご覧いただきたいのですが、
ライブ操作でスモークマシーンと併用したレーザービームパターンを演出するのでしたら、
QuickShowやBeyondよりFiestaをオススメします


Fiestaソフトウエア、最安値で使えるレーザーディバイス
Moncha BOX 2
超オススメです。


そして、お待たせしましたMAC OSで使える本格レーザーソフトウエア、
Fiesta for MACがアップグレードで使用可能となります

Fifm

Fiesta for MACが使える唯一のディバイスとなります。