だいぶん前、6月の末ですが
万博公園内の施設でのコンサートで、
レーザーとLED照明演出をしてきました。


fuk 1


今週また、万博公園にて野外イベントで照明演出が入ってまして、
それで思い出しました、、。
6月にやったなー思って、、。

fuk 4
会場は、このように外光入りまくりです。
本番は17時半に始まりまして、外が暗くなる前に終わったので、
なかなか明かりの演出系としては、難しかったです。
が、本番の後半はこのように効果はありました。

fuk 2



機材の方、
fuk 7
レーザーは、入荷したばかりの新製品、
5.3W RGBレーザー2台です。

fuk 8
グリーンの光源には、通常よく使われている532nmでは無く、
これから主流になるだろう、520nmのpure diodeです。

スキャナーには、ギリシャ製EMS8000、60Kスキャナー
あと、この日は使ってませんが、ワイドレンズを装着すると、
160°のビーム角になりますので、
狭い場所でも効果的に光を散らすことが出来ます。

いくつかの部分をカスタムしたオーダーメイド。
納期は2ヶ月弱かかりました。
このライブの2週間前に届いたところでした。


fuk 9
こちらはFiesta.Netディバイスとその信号用のハブですね。

fuk 10

LEDパー計4台をSSとして使用

fuk 11
同じくLEDパー2台コロガシ。

fuk 12
DMX信号は、ワイヤレスにて。

fuk 13
スモークは、Antari HZ-500。

fuk 14
レーザーのスタンドの間にも首振りタイプのファンを。

fuk 15
会場は天井も高くだだっ広い感じなので、なるべくスモークが散るように。
こんな感じです。


fuk 16
レーザーのコントロールはFiesta.Net。
スタンディングで見てる方の目線に、レーザー光当たらないようにマスキング。
2階もかなりのゲージがかかるよう(明るさを落とす)マスキングしてます。
ソフトの設定、ブライトネスマップにてマスキング出来ます。

LEDは12chのDMX卓。
SSは4台とも同一アドレス、コロガシ2台同一アドレス、
それでも1台7chなので足りないのですが、
ch6,7がカラーマクロとそのスピードなので、使わなくても大丈夫。
ですので、12chで収めて使ってます。

fuk 5
fuk 6



今週末のイベントはこちら
見てみると、このコンサートをやった会場、EXPO‘70パビリオンの
エントランスでも、1970年代をテーマにトークショーがあるようです。